センスがある人ほどニットを着る!メンズコーデにニットを取り入れる際の注意点とは?


生地が薄いものと生地が厚いものは、分けて考えよう!

秋から冬へと向かうシーズンに重宝されるメンズファッションアイテムといえば、ニットです。ひと昔前は、セーターと呼ばれていました。街を歩いている男性のファッションをよく観察してみてください。センスがいい人ほど、コーデの中にニットをうまく取り入れていると思いませんか。男性のカジュアルコーデに大人っぽさを気軽に注入してくれるアイテムがニットなのです。女性用のニットはもこもこニットや萌え袖ニットなど様々なバリエーションがありますが、男性用のニットは大きく分けて、編み目が細かくて生地が薄いものと編み目が粗くて生地が厚いものの2種類に分類されます。

薄手のニットは丸首で厚手のニットは襟付きがおすすめ

生地が薄いニットをコーデに取り入れる場合は、重ね着のセンスが試されます。ニットの上にジャケットを羽織ったり、Yシャツを着てからニットを重ねるなど、様々な選択肢があるのです。またシャツの上に直接アウターを着るのではなく、生地が薄いニットを間に挟み込むことで奥行きのあるコーデを演出できます。Yシャツの上からニットを重ねる場合は、丸首タイプが推奨されます。Yシャツと丸首ニットの組み合わせは、あらゆる世代に馴染む定番の重ね着スタイルなのです。生地が厚いニットは、アウターとしても活用することができます。長袖シャツの上に軽く重ねることで、休日にふさわしいカジュアルコーデが完成するのです。防寒機能も望むなら襟が付いているデザインのニットを選ぶようにしましょう。無地の単色でも十分に存在感のある襟付きのニットは、コーデを上品なものに仕上げてくれる優秀アイテムだといえます。

agaを千葉で治療する場合、しっかりカウンセリングを受けて、agaのメカニズムや治療の具体的な内容を聞きましょう。