どうやって解決したらいい? 経営者にありがちな悩み


人材を育てるにはどうしたらいい?

開業当時は小規模な事業だったとしても、軌道に乗るにつれて組織が大きくなるのが通例です。この段階で課題になりやすいのは、人材育成ではないでしょうか。採用と育成は大企業でも課題のひとつで、正解はないといえるかもしれません。人を雇って毎日の業務を行う経験が浅い場合、どうしても試行錯誤が必要になります。マニュアルを作ったとしても柔軟に変更し、従業員との交流も欠かさないようにしましょう。コミュニケーションの不足が原因で退職者が出てしまうと、経営者と従業員の双方にとって残念なことです。従業員は経験を積みながら成長していくので、経営者が現場に出すぎるのは避けるようにしましょう。多少の不満があったとしても、現場を従業員に任せることが経営者の負担を軽くすることにつながります。

開業時の事業を続けるか? 新規事業を始めるか?

事業の規模を問わず、経営者は中長期的な視点を持つことが大切です。事業が順調に利益を上げているなら、少し遠い未来のことを考えましょう。社会情勢の変化などによって、主力の事業が期待通りの利益を出さなくなるときが来るかもしれません。そこへの備えとして、主力事業の強化や新規事業の開始などが検討課題になります。たとえば飲食業の場合、支店をオープンするペースを加速したり、これまで縁のなかった地域への出店が基本的な強化案です。店舗運営のノウハウを活かして、コンサルタント業務を新たに始めるのもよいかもしれません。どのような案を選択するとしても、大きな決断です。じっくりと検討する時間を確保するためにも、経営者はよい部下を育てておく必要があります。

会員制医療倶楽部とは、入会に条件が伴う病院で、患者ひとりひとりに適した治療を受けられます。カウンセリングにより、各分野における権威ある専門医から個別に提供される高度な治療法をうけることができます。